上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


本日は、陶器と磁器の違いについてです。
“やきもの”と言えば、和食器すべてに使われていますが、大きくは磁器・陶器と分けられています。

◎主な違い

磁器陶器
生地
吸水性ないある
透光性あるない
焼き上げる温度1300~1400度900~1200度
おもな産地有田焼、伊万里焼、九谷焼、清水焼など瀬戸焼、美濃焼、萩焼、唐津焼、一部の京焼など


  やはり大きな違いは、陶器はカオリンを含まない粘土(土質)を低温で焼いて作られるのに対し、磁器は長石が主成分を成している磁土を高温で焼いて作るところです。
吸収性がある陶器は、扱い方に特に気を付けなければいけません。臭いやシミ・カビの原因となってしまいます。

ちなみに、ウエッジウッドやロイヤルコペンハーゲンはボーンチャイナといわれるもので磁器の種類です。
色々な器を見て、気に入ったものを大切に使いたいですね
スポンサーサイト
2011.05.31 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。